2013年10月29日

IronRuby を組み込んだテキストエディタ masoojer のαバージョンをリリース

開発中のテキストエディタ masoojer のαバージョンをリリースしました。


購入

ご購入は Gumroad からお願いします。
バージョンアップした場合には、Gumroad購入者の方から優先してダウンロードできるようにする予定です。
また、バージョンアップの際には、メールにて通知させていただきます。


ダウンロード

ご購入の他に

ご感想・ご要望をぜひ Twitter, Google+, Facebook でお知らせください。
ハッシュタグは #masoojer でお願いします。

読み込むRubyスクリプト

masoojer.exe と同じディレクトリの setting.rb 、
Environment.SpecialFolder.CommonApplicationData 配下の \masoo\masoojer\setting.rb
を読み込みます。
ファイルは今回のバージョンでは存在しませんが、
Environment.SpecialFolder.ApplicationData 配下の\masoo\masoojer\setting.rb
もファイルがあれば、読み込みます。

日本語化も setting.rb で

以下のコードを書き込むと、メニューの日本語化がとりあえずできます。
見ていただくとわかる通り、IronRuby での .Net オブジェクトへのアクセス方法そのままです。


# -*- coding: utf-8 -*-

require 'System, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b77a5c561934e089'

DotNetString = System::String

menu.Items[0].Header = DotNetString.new("ファイル(_F)")
menu.Items[0].Items[0].Header = DotNetString.new("新規(_N)")
menu.Items[0].Items[1].Header = DotNetString.new("開く(_O)")
menu.Items[0].Items[2].Header = DotNetString.new("保存(_S)")
menu.Items[0].Items[4].Header = DotNetString.new("終了(_E)")
menu.Items[1].Header = DotNetString.new("編集(_E)")
menu.Items[1].Items[0].Header = DotNetString.new("元に戻す(_U)")
menu.Items[1].Items[1].Header = DotNetString.new("やり直し(_Y)")
menu.Items[1].Items[3].Header = DotNetString.new("切り取り(_T)")
menu.Items[1].Items[4].Header = DotNetString.new("コピー(_C)")
menu.Items[1].Items[5].Header = DotNetString.new("貼り付け(_P)")
menu.Items[1].Items[6].Header = DotNetString.new("削除(_D)")
menu.Items[2].Header = DotNetString.new("表示(_V)")

エディタコーポネントにもアクセス可能

エディタコーポネントの AzukiControl が azukiControl というインスタンスでアクセス可能です。
例えば、エディタ部分のフォントを変更したい場合、

azukiControl.FontInfo.Name = "MS ゴシック"

と入力するとエディタを立ち上げ直した時に変更されます。

今後の予定

テキストエディタとしてよくある機能の実装とエディタへのRubyでのアクセスのしやすさの開発を行いたいとおもっています。
開発費として使用しますので、ぜひご購入をお願いします。
masoojerのご購入




2013年10月29日のタスク

本日は

  • テキストエディタ開発
を行いました。

2013年10月26日

IronRuby をテキストエディタに組み込む

先日までの開発で、テキストエディタの基本的な機能は作成できました。

そして、本日は、IronRuby を組み込みました。
エディタの実体と同じディレクトリにある setting.rb を読み込みます。

とりあえずメニューの日本語化をしてみました。


そのうちに、公開したいと思います。


2013年10月25日

2013年10月25日のタスク

本日は

  • テキストエディタ作成
を行いました。

テキストエディタ utf8, utf16, ShiftJISなどの読み書きに対応

Azuki のサンプル実装 Ann から、 EncodingAnalyzer の部分をDLL化し、文字エンコード判定に使用させていただきました。

Azuki Webサイト
http://sgry.b.sourceforge.jp/

その結果、utf8, utf16, ShiftJIS 等の読み書きに対応しました。




2013年10月23日

ファイルの読み込みを実装

ようやく時間がとれたので、ファイルの読み込みを実装しました。
utf-16 のファイルの読み込みをサポートしました。


2013年10月23日のタスク

本日は

  • エディタ作成
を行いました。

2013年10月21日

アバスト! 無料アンチウイルスの再インストール

Windows 8.1 にアップグレードして、
アバスト! 無料アンチウイルス 2013 が削除されたようだ。

avast free 2014 が出たのでそちらをインストールしました。

2013年10月21日のタスク

本日は

  • アルバイト
を行いました。

2013年10月15日

2013年10月8日

エディタエンジン

テキストエディタの作成に着手しました。

一から全て実装するのがいいのですが、今回はなるべぐ外部のライブラリを使用する方針にします。

まず、内部エンジンの選定を行いました。
選定の結果で Azuki を採用する事にしました。
調査したエンジンは以下の通り。


  1. Azuki
    今回採用する事にしたエンジン。日本語対応と共に C# での実装ということで将来の拡張のために採用。
  2. Footy2
    採用は見送ったが、きちんと日本語に対応したエンジン。C++で実装されている。
  3. Scintilla
    世界的に有名なテキストエディタエンジン。しかし日本語対応が、若干悪い。
  4. TEditor
    こちらも採用は見送ったが日本語にきちんと対応しているエンジン。Delphi で実装されている。シェアウェアだが、きちんとソースコードはついている。
次回、Azuki を組み込みます。

2013年10月8日のタスク

本日は

  • 案件調査
  • 書き起こし
  • エディタ作成
を行いました。

2013年10月7日

2013年10月7日のタスク

本日は

  • 書き起こし
を行いました。

EVERNOTE で無料ユーザーも2段階認証が可能になる

タイトルままです。

10/5に2段階認証が可能になりました。
Google 認証システムに対応しています。

これで少しセキュリティが向上する事となりました。

元リンク:  http://blog.evernote.com/jp/2013/10/05/15717


2013年10月4日

2013年10月4日のタスク

本日は
  • 書き起こし
を行いました。

Togglの翻訳状況報告(2013年10月)

Togglのサービスはいろいろな言語に訳されています。

前回の翻訳状況の報告から10ヶ月以上立っていますが、私の方は、少ししか進めていませんでした。それが久しぶりに翻訳を行おうとアクセスした所、誰かがかなりの部分を進めてくれていました。ありがとう誰か。

今日は少しだけ貢献しました。
残り 28 文章です。


2013年10月2日

2013年10月2日のタスク

本日は
  • アルバイトの報告
  • 案件打ち合わせ
を行いました。

2013年10月1日

2013年10月1日のタスク

本日は

  • 打ち合わせ
  • KDP出版
  • 案件調査
  • プログラム開発
を行いました。

mruby を Windows8 でビルド

9月26日にダウンロードした mruby を Windows8 でビルドした時の記録です。

以下のURI
http://yohshiy.blog.fc2.com/blog-entry-239.html#ruby_install_mruby
の通りにビルドしたら、うまくいきました。


  1. Microsoft Visual Studio Express 2012 for Windows Desktop のインストール
    過去記事(Windows8 に Visual Studio Express 2012 for Windows Desktop をインストール)を参照
  2. Rubyのインストール
  3. Bison for Windows のインストール
    環境変数の設定も忘れずに行う
  4. mruby のソースコードのダウンロード
    https://github.com/mruby/mruby からダウンロードする
  5. mruby のビルド
    1. build_conf.rb のツールチェインの変更
      MRuby::Build.new do |conf|
       # load specific toolchain settings
        toolchain :gcc # ←  :vs2012 にする
      
    2. Visual Studio の開発用コマンドプロンプトから
      ruby ./minirake
      

      を実行するとビルドできる。


月刊情報セキュリティ事故ログ2013年8月を出版しました。

遅くなりましたが、2013年8月に起こった情報セキュリティ上の事故の概要と情報源を記載した
月刊情報セキュリティ事故ログ 2013年8月を出版しました。


8月も引き続き、パスワードリスト攻撃による不正アクセスの被害が発生しています。
また、緊急地震速報の誤報もありました。
その他、情報セキュリティの事故の概要と情報源を記載していますので、よろしくお願いします。

ご購入の前に試し読みもできますので、ご一読ください。