2015年6月6日

まそおぶろぐを移行します

blogger を使っていましたが、サイトの管理を統一したくて、 github pages を使ってWebサイトとブログを合体させました。

ブログは今後、以下のURLに移行します。
http://www.masoo.jp/blog/

良かったらそちらも見てね。


2015年6月3日

2015年6月2日

2015年6月2日の出来事

本日は

  • システム開発
を行いました。

Ubuntu Server 15.04 インストールログ

Ubuntu Server 15.04 をインストールした場合の備忘録です。
インストール方法で Ubuntu Server 14.04 から変更はありません。


  1. ディスクを入れて起動します。
    以下のようなインストーラーの表示言語選択画面になるので、「日本語」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下するとインストール方法の選択画面に移動します。

  2. インストール方法の選択画面に移動したら、以下のような「Ubuntu Server をインストール」を選択し、 Enterキーを押下します。
    押下すると「Select a language」の画面に移動します。

  3. 「Select a language」の画面に移動したら、「はい」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「場所の選択」の画面に移動します。

  4. 「場所の選択」画面に移動したら、「日本」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「キーボードが由来する国」画面に移動します。

  5. 「キーボードの設定」画面に移動したら、「Japanese」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「キーボードのレイアウト」画面に移動します。

  6. 「キーボードのレイアウト」画面に移動したら、「Japanese -Japanese(OADG 109A)」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「ネットワークの設定」画面に移動します。

  7. 「ネットワークの設定」画面に移動したら、ホスト名を入力して(ここでは、ホスト名を「ubuntu」としています。)、「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「新しいユーザの本名(フルネーム)」画面に移動します。

  8. 「新しいユーザの本名(フルネーム)」の画面に移動したら、自分の名前を入力して(ここでは、自分の名前を「masoo」としています。)、「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「あなたのアカウントのユーザ名」画面に移動します。


  9. 「あなたのアカウントのユーザ名」画面に移動したら、アカウントユーザ名を入力して(ここでは、アカウントユーザ名を「masoo」としています。)、「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「新しいユーザのパスワードを選んでください」画面に移動します。

  10. 「新しいユーザのパスワードを選んでください」画面に移動したら、パスワードを入力して、「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「確認のため、再度パスワードを入力してください」画面に移動します。

  11. 「確認のため、再度パスワードを入力してください」画面に移動したら、再度パスワードを入力して、「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「ホームディレクトリを暗号化しますか?」画面に移動します。

  12. 「ホームディレクトリを暗号化しますか?」画面に移動したら、「いいえ」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「時間の設定」画面に移動します。

  13. 「時間の設定」画面に移動したら、「your time zone is Asia/Tokyo」と表示されているのを確認し、「はい」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「ディスクのパーティショニング」画面に移動します。

  14. 「ディスクのパーティショニング」画面に移動したら、「ガイド-ディスク全体を使い、LVMをセットアップする」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「パーティショニングするディスクの選択」画面に移動します。

  15. 「パーティショニングするディスクの選択」画面に移動したら、表示されているディスクを選択し、(環境によってここは異なってくるはずです。)Enterキーを押下します。
    押下すると「ディスクの変更を書き込み、LVMを設定しますか?」画面に移動します。

  16. 「ディスクの変更を書き込み、LVMを設定しますか?」画面に移動したら、「はい」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「ガイドによるパーティショニングを利用するボリューム」画面へ移動します。

  17. 「ガイドによるパーティショニングを利用するボリューム」画面へ移動したら、「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「ディスクに変更を書き込みますか?」画面に移動します。

  18. 「ディスクに変更を書き込みますか?」画面へ移動したら、「はい」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると基本パッケージのインストールが開始され、最終的に「パッケージマネージャーの設定」画面に移動します。

  19. 「パッケージマネージャーの設定」画面に移動したら、何も入力せずに「続ける」を選択し、(インターネット接続にプロキシを経由している環境では、ここに情報を入力しましょう。)Enterキーを押下します。
    押下すると「このシステムのアップグレードをどのように管理しますか?」画面へ移動します。

  20. 「このシステムのアップグレードをどのように管理しますか?」画面へ移動したら、「自動的にアップデートしない」を選択し、(「セキュリティアップデートを自動的にインストールする」を選んでもいいでしょう。)Enterキーを押下します。
    押下すると「ソフトウェアの選択」画面へ移動します。

  21. 「ソフトウェアの選択」画面へ移動したら、インストールするソフトウェアを選択します。
    開発サーバーとして使用する予定なので、「OpenSSH server」を選択し、「続ける」へ移動してEnterキーを押下します。
    押下すると「ハードディスクへのGRUBブードローダのインストール」画面へ移動します。

  22. 「ハードディスクへのGRUBブードローダのインストール」画面へ移動したら、「はい」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると「インストールの完了」画面に移動します。

  23. 「インストールの完了」画面に移動したら、「続ける」を選択し、Enterキーを押下します。
    押下すると再起動されインストールが完了します。

以上です。